刀剣乱舞の自作・同人シールシリーズ

とうらぶシールとは

とうらぶシール

とうらぶシールは、イラストレーターイノイ氏による、「刀剣乱舞」の同人ビックリマン風シールシリーズです。

『刀剣乱舞』とは、DMMゲームズとニトロプラスが共同製作したPC版ブラウザゲーム。2016年3月1日にスマートフォン版が『刀剣乱舞 Pocket』として配信された。 日本刀の名刀を男性に擬人化した「刀剣男士」を収集・強化し、日本の歴史上の合戦場に出没する敵を討伐していく刀剣育成シミュレーションゲーム

ビックリマン的要素がありつつ現代の同人っぽい要素がいい感じです。 48㎜サイズ。 オフセット印刷。

2016年1月頃に第一弾が制作され、2016年1月17日コミックシティ福岡・2016年3月27日コミックシティ大阪で配布・販売されたのが始まりです。 その後、BOOTHにて販売中。 この記事を書いているのが2019年7月なので幻の第一弾で終了か?

とらぶるシール第一弾 全10種+2種=12種

とらぶるシール第一弾全10種

第一弾は、基本全10種です。 帯にもラインナップが書いてあります。

これに、上にあるのが特典非売品シールの「三日月宗近&小狐丸」シールが存在し、当時は10種全部買った特典でした。(後にBOOTHで特別販売されました)


さらに、「おじいちゃん」というレアシールが存在します。これは手に入りませんでした。 一応合計12種

オリジナルバインダーもあったようですし、ツィッターの写真を見ると同じ絵柄のノーマル素材シールが存在するようでこちらが無料配布だったのかもしれません。 追加で+ノーマル素材シール10種=合計22種という説が濃厚ですがまあそこは。

管理人のレビュー

非売品特別シール

ロゴって凄く大事だと思うのですが、とうらぶシールはパッケージやロゴがビックリマンなのでそれだけで凄く良いです。 イラストも魅力的でシールに収める構図も良くてレベル高いと思いました。

三日月宗

こちらも、お気に入りのイラストです。 ロゴのスペースを空けて左右に着物が広がるやや長方形というバランスがとても好みです。

シールの質感はドラゴンボールウエハース初期のように薄目で、プリズムの輝きはフィルムがカブっているせいかやや弱め・よく見ると全体的にキャラがキラリと透ける仕様です。オフセット印刷との事で業者印刷のようですが印刷会社によってやはりいろいろ異なるのですね。

とうらぶシールはどこで買えるの


BOOTHにイノイ氏の販売ページがあります。