スピンオフ企画第二弾

ビックリマンブラックゼウス外伝とは

ブラックゼウス外伝42種コンプ

ブラックゼウス外伝は、2016年11月22日~発売開始されたビックリマン天使VS悪魔シリーズのスピンオフ企画第二弾です。

第一弾は、スーパーゼウス外伝でした。

ビックリマン スーパーゼウス外伝 全24種リスト(2016年3月)

スーパーゼウス外伝はおちゃらけた感じがありつつも、新しい3すくみが登場しました。 今回は2倍の42種という事ですがどんな内容となっているのか早速シールリストをご紹介します。

48mm グリーンハウスデザイン

コンプリート全42種シールリスト

種類は大きく分けて、ヘッドシール4種と、外伝シール20種、新たな3すくみシリーズ18種の合計42種です。

ヘッドシール 4種

ブラックゼウス外伝ヘッド4種

ヘッドシールだけどキラキラ素材は全部一緒。 これは描き下ろしでしょうか? ブラックゼウスと深いかかわりがあった、既存のキャラクターが復活。 ちなみにブラックゼウスを倒したのがヘラクライストです。 スーパーゼウスの双子が教育係であった始祖ジュラに飲み込まれ、スーパーゼウスに倒された後にお腹の中から誕生したのがブラックゼウスです。

ブラックゼウス外伝裏書き

裏書きのイラストがイカしているのですが、こちらも描き下ろしでしょうか?

以上が、ブラックゼウスと関わりのあったヘッドシール描き下ろしシリーズ。

ブラックゼウス外伝シール 20種

ブラックゼウス外伝シール20種リスト

そして、外伝シールが20種。 描き下ろしもあり、アイス版の転用もあります。スーパーゼウス外伝と違い、タイトルが全てブラックゼウスとなってサブタイトルがそれぞれ違います。

3すくみシール 18種

ブラックゼウス外伝3すくみシール

そして、新たな3すくみシールがこちら。 「こ、これは・・!?」 18種です。

計42種でコンプリート。素材違い等はありません。

管理人のレビュー

ブラックゼウス外伝の感想

黒歴史と言われているブラックゼウス外伝。 新しい3すくみシールは、「コロコロアニキ5号」で一般公募したイラストがそのままシール化されたとの事。 いやいやいや、違うでしょ! ツッコミどころが多すぎて、整理しながら文句をつけないとですね。

まず、アイデアを貰ってそれをグリーンハウスがデザインするから嬉しいわけじゃないですか。キン肉マンの超人みたいに。 そのままってコストの削減ですよね。

そして、それをランダム排出であるシールシリーズに混ぜるのは悪質なのは言うまでもありません。

そして、ビックリマンが頑なに守っている景品法に本質的な部分ではダメじゃないですか。イラストのコストという面を考慮したら原価に差が出る事をファンは知っているのだから不満は募ります。結局当たりとハズレがある。

・・等と、誰もが思う事を書いても仕方がないですが歴史に残る一手だったのは間違いありません。記録としてしっかり残しておきたい。

しかしながら、

全部ブラックゼウス

ぜ~~んぶ、ブラックゼウス!!

という演出はかなりテンションあがりました。 「全部ブラックゼウスで飽き飽き、しょーもな。」という意見の方が多いとは思いますし、聖常キッソスのトラウマ(ヘッドの価値が地に堕ちた)という事件を思い出す人も多いでしょう。

個人的にはサブタイトルで違いがありますが、大きなロゴがブラックゼウスという点がとても良いです。

ブラックゼウス外伝の相場

種類が多いので、@100円計算だと、4200円ですがそれより若干高くなっています。 実際これ42種2箱買いしてもコンプ出来なさそうですし、シールのショボさから購入者が少なく、供給が少ないのかもしれません。