ビックリマン2000チョコ第0弾~第1弾(P1~P4)シールリスト 1999年

ビックリマン2000の第0弾と第1弾を紹介する記事です。

ビックリマン2000 第0弾 全24種

ビックリマン2000第0弾コンプ画像

ミシシッピ五郎さんより画像投稿いただきました。 ありがとうございます!

幻の第0弾。 このコンプだけでも圧巻! 第1弾の前にテスト販売されたものとされており、1999年のいつだか、正確な発売日・どこで販売していたのか?さえ調べてもハッキリわからない幻の第0弾なのです。(1999年冬のWHFで販売されたとか)スーパーゼウスを含めない全24種です。

AGAWAAGAWA

当時のレートは無茶苦茶高くて1枚1万円くらいしたような記憶があります。

1弾との違い

ビックリマン2000第0弾裏書き

表の絵柄は一弾と同じですが裏書きが単色で大きく異なります。

第0弾の絵柄違い6種

第0弾違い
さらに0弾の中でも6種のシールは絵柄も違うので特に希少価値が高いです。

  1. 御神籤仙人・・頭にあるくじの数字が違う(0弾は11と30で、1弾は7と44)
  2. 満点才如・・鈴の数字が100(1弾は99)
  3. 聖ハットトリック・・マントの国旗が実在の国旗(1弾は架空の国旗)
  4. ボー徒・・鼻の上にボールが付いていない
  5. クリア受信・・目閉じ
  6. エリア角鯛・・MAPが日本地図(1弾は架空の地図?)

中でもクリア受信(目閉じ)が人気です。

以上が第0弾全24種フルコンプです。スーパーゼウスはいません。

ビックリマン2000 第1弾 P1(39種)+P2(12種+4種?+7種)+P3(14種)+P4(18種)

1999年7月6日発売 素材違いでP4まである第1弾。

時系列で追っていくと分かりやすいのでご覧ください。

第1弾 P1 全37種+スーパーゼウス2種

ビックリマン2000パート1

記念すべき第1弾。 スーパーゼウスは3種ありますが

  1. 黒ホロ・・中部地方先行発売にて封入(初期)
  2. 白ホロ・・中部地方先行発売にて封入(中期)
  3. 粒キラ・・関東での発売から封入(後期で俗称「東京ゼウス」)

という事で、普通に東京でビックリマン2000第1弾を集めた場合は粒キラのスーパーゼウスがヘッドの全37種でした。 私は粒キラのゼウスが一般的なP1と認識しています。

AGAWAAGAWA

全体を見返すと素材はノーマル素材が多く、「天使はアルミ・お守りは透明」のような規則性もなくキラは「レインボー6種」と「粒キラ4種」のシールが混在しています。 最初に集めた時はスーパーゼウス(東京ゼウス)も均等に出るので何だか物足りないなと感じました。

そして「何か違うのが出たぞ?」と話題になったのがP2の登場です。

第1弾P2 全23種(レインボー12+4種+裏書き違いノーマル7種)

第一弾のパート2の違いが史上最もややこしいので順を追って解説します。

新しくレインボー素材として登場した12種

ビックリマン2000パート2

今まで粒キラだったキャラ4種がレインボーになり、かつ今までノーマルだったキャラのうち8種がキラキラに出世するというP2が登場しました。

  • 上段4枚は元々P1で粒キラだったもの 4種
  • 下段8枚は元々P1でノーマルだったのがキラに出世したもの 8種

計12種が基本的なP2の新素材です。

元からレインボーだったシールのP2 4種

P1とP2の見分け方

P1で元々レインボー素材だったシールは変わらずレインボー素材で出るのでP1と同じですが、微妙な変化が見られたのでP2とカウントされています。

P1で元々レインボー素材だった6種のうち、「大凶魔1/100」「満点才如」「オゾン僧侶」「吸水鬼」に関しては気づかないくらいの修正が入っているのでP2が存在します。

見分け方は、P2は左から順に「目が透ける」「鈴が透ける」「雲が透ける」「目が透ける」という明確な違いがあります。

ちなみに「満点才如」と「オゾン僧侶」に関してはこの後に記載する「裏書きのイラストの修正」も入っています。

ですので、見分けのつく4種がP2とカウントされます。

ノーマルの裏書き違いが発見される 7種

P2以降の修正点

さらにこれらの7種のノーマルシールの裏書きがP2以降少しだけ修正されました。

P2というよりは「第一弾のマイナーチェンジ」という別のくくりでも良いと思います。

裏書き

右が修正版。 P2の段階で裏書きのイラストに若干の修正が入った「勉強」「水」「地球」の4すくみのノーマルシールです。 それぞれ、

  1. 予習太助の頭に四角いのが追加
  2. 背景の水のマークに影が追加(ちなみに「吸水鬼」はP1の頃からある)
  3. オゾン僧侶の耳の線が追加

という違いがあります。

ちなみに「オゾン僧侶」や「撥水王」も同様です。

AGAWAAGAWA

この12枚以外はP1と同じものが出るのでP2以降は「やったー!P2出た!」という当たりハズレが発生するようになりました。 箱やパッケージでは中がP1なのかP2なのか分からないのでネットでロット番号の情報を集めたり、数点買ってみてP2だったら「やった!」と残りを買うというような感じで街中が宝探しとなり、ハマっていくようになりました。

ちなみに2000年2月22日にビックリマン2000アイスが関西で販売され、その後関東でも販売。内容はP2でしたのでアイスを買えばP2が手に入るので楽になりました。

元々つるキラ

★P1と見分けがつかないものを、アイス未開封でコレクションしている人もいます。

以上をまとめると、P2は

  1. 新しくレインボー化したシールが12種 ここまでが素材違い。
  2. 元々P1でレインボーだったシール6種は同じ「つるキラ」だが、その内4種は透け具合で見分けがつく。
  3. 吸水鬼を除く「勉強マーク」「水マーク」「地球マーク」は裏書きのイラストに修正アリ。ノーマルの7種が新しいコレクション対象に。

という事になります。

基本23種がP1と違いの分かるシールですが、アイス版=P2として37種とする人もいます。(この場合開封済だとP1と見分けがつかないシールが含まれます)

第1弾P3 新粒キラ14種

第1弾P312枚

その後、関東ではアイス2期に封入されていたのがP3。

P2でレインボーだったキャラが全て粒キラになったので新しく14種が持っていないシールとして増えました。

P1で元々粒キラだった4種(スーパーゼウス・ホームランO・デジ亀・ゴーリラ)はP3でも見分けがつかないので以上14種が新しく登場した素材違いです。 4種はアイス版の未開封でコレクションしているトカ?

第1弾P4 ラメキラ18種

第1弾ラメキラ

そして、東京では既に第三弾が発売される頃に登場したのが、第1弾P4(ラメキラ)です。 これは当時後発地域(東北・北海道・中国・四国・九州地区)でしか販売されていなかったビックリマン2000ドリンクから排出されたもので、内容は「ノーマルはP2やP3と同じ。キラが全てラメキラ」であるという事です。 ※ラメキラは第二弾でも使われている素材です。

http://bikkuri-man.mediagalaxy.ne.jp/news/011.html

当時の記録がまだ残っていました。

AGAWAAGAWA

ドリンクの入手はさほど困難でも無かった記憶があるのですが別の方のブログによると最初は手に入らず入手困難で、後にWHFやトイザラスで購入出来たとの事。じゃあ私もトイザラスで購入したのかな・・覚えていませんが甘いリンゴ味で缶のイラストがカッコよかった記憶があります。 

以上が、ビックリマン2000の第1弾P1(39種)+P2(12種+4種+7種)+P3(14種)+P4(18種)です。

第二弾や第三弾が既に発売されているときに、また第1弾のパート違いをアイスやドリンクで集めるというまつり縫い作戦(よく考えたらこれは旧ビックリマンでも同じことか)でビックリマン2000は火を噴いたのでした。 個人的にはこのパート違いは、しんどいはしんどいけど入手困難なシールの演出がなされてハマった要因だったと思っています。

第一弾のパート違い見分け方おさらい

ビックリマン2000のパート違い

左から「レインボー(つるキラ)」→「粒キラ」→「ラメキラ」

  • P1・・レインボー6種・粒キラ4種
  • P2・・ノーマルキャラの一部がキラに出世して、キラが全てレインボーに18種(内6種はP1でもレインボー)
  • P3・・P2のレインボーが全て粒キラに18種(内4種はP1でも粒キラ)
  • P4・・キラが全てラメキラに18種

というワケです。 (内〇種は~)という点が人によって異なるのです。

第1弾の裏書き

ビックリマン2000第1弾裏書き1

ビックリマン2000第1弾裏書き2

第1弾の裏書きです。 P2で4種絵柄が微妙に変わる前のP1です。

※イベントやコロコロコミック、GB等の付録・特典シールは別の記事でまとめています。