ビックリマン30周年とか40周年が分かりづらいのでまとめておきます。

ややこしいビックリマン○○周年について

ビックリマンチョコの歴史は、

1977年(昭和52年)・・ビックリマンチョコ(どっきりシール)

を皮切りに、以降例えば、

1979年(昭和54年)・・新ビックリマンチョコ(立体どっきりシール)

1982年(昭和57年)・・ビックリマンチョコ(まじゃりんこシール)

などなど、続々とリリースされました。 そして、

1985年(昭和60年)・・ビックリマンチョコ(悪魔VS天使シリーズ)

が爆発的大ヒットとなりました。

故に、ビックリマンの歴史では、「生誕した年」「悪魔VS天使シリーズが登場した年」の2つが重大なのです。

やがて時は経ち、

2005年・・ビックリマンチョコ悪魔VS天使シリーズ20周年記念

2007年・・ビックリマンチョコ生誕30周年記念

2014年・・ビックリマンチョコ悪魔VS天使シリーズ30周年記念

2017年・・ビックリマンチョコ生誕40周年記念

という具合に「生誕」と「悪魔VS天使シリーズ」の2つの記念年が平行する事態になっています。

「ビックリマンチョコ発売40周年記念」という風に生誕という言葉を使う時と使わない時があったり、30周年が二回あったり、2005年の10年後が2014年だったりと混乱する要素は満載です。

オリンピックも4年に一度だけど夏と冬があるから2年ごとにやってくるようなものだと覚えておきましょう。

それぞれの記念年にどんなシールシリーズやイベント企画があったのかもこの記事でまとめておきます。

2005年ビックリマンチョコ悪魔VS天使シリーズ20周年記念

20thアニバーサリー

2005年の悪魔VS天使シリーズ20周年は、「ビックリマン20thANNIVERSARY」というシールシリーズがリリースされました。 48㎜サイズでヘッドシールが復活した大きな企画です。裏書きに「20th」と刻印があるので20周年の印象が強いシールシリーズです。

20周年のイベントは以上ですが、P1が100種類、P2素材違いで100種類、翌年アンコールで130種類追加されるというなかなかの大規模な企画となっています。

ちなみに、翌年に21st ANNIVERSARYとして、ひかり伝・ひかり伝2がリリースされています。

2007年ビックリマンチョコ生誕30周年記念

ビックリマン30周年

2年後の2007年が、ビックリマン生誕30周年記念年。

ビックリマンそのものの記念年は、生誕という言葉が使われるのが見分け方の一つです。上のパッケージにもBIRTH ANNIVERSARYとあります。

生誕30周年の企画は、

  1. ビックリマンホロセレクション第一弾が3月発売
  2. ニンテンドーDS用ソフト「ビックリマン大事典」が8月23日に発売
  3. コロコロ×ビックリマン30周年記念復刻大増刊!!「超完本ビックリマン」発売
  4. ビックリマンひかり伝「おとぎ」7月30日発売

以上です。 ※いずれも限定シールが絡んでいます。 上記にはパッケージや裏書きに「30th」という刻印があります。

「ホロセレクション」や「超完本ビックリマン」は30th記念の企画ですが、DS「ビックリマン大辞典」やひかり伝「おとぎ」はたまたま30周年の年だったので、30thのロゴが入っているという感じです。

同年に、「プロ野球チョコ」もリリースされていますが、こちらは30thの文字が無いので関係ないとします。

2014年ビックリマンチョコ悪魔VS天使シリーズ30周年記念

30周年記念ビックリマンシール

2014年の「悪魔VS天使シリーズ」30周年企画はかなり盛大に行われています。 ※シールがあるものは赤字

  1. ビックリマン総選挙(ファン投票)→後に「ビックリマンオールスター」が発売
  2. ビックリマン原画展が渋谷パルコで開催。「ビックリマン原画大全」も発売(ロココ&マリアシール(デカい))
  3. 9月8日(月)の試合を「ビックリマンデー」として千葉ロッテマリーンズ限定シール里崎ゼウス&里ガシ魔)配布
  4. ロッテリア限定「ビックリマンシェーキ」発売(8月)
  5. ファミリーマート限定「ビックリマンアイス」発売(9月)
  6. 30周年記念オンラインショップ限定年末年始ビックリマン企画(490名限定の3枚のシールと、抽選で「マリーンゼウス」
  7. 「人生ゲーム」「ムック本」「iphoneケース」を駆けこみで発売(年をまたぐ)

ちなみに30周年記念とは関係なさそうだけど、同年発売されたシリーズとして「ビックリマン伝説7」「神ビックリマン」「パズドラマンチョコ」があります。

2014年の30周年は多数展開されており、ちょうどこの頃~シールブームが再来しているのを感じるので、背景にはこの効果があったのかなと思われます。 ちなみに、1985年誕生で20周年を2005年にやっているのに、この年は2015年じゃない所がしんどい所。

2017年ビックリマンチョコ発売40周年記念

ビックリマン生誕40周年記念

2017年がビックリマン生誕40周年記念。 ※シールがあるものは赤字

  1. ビックリマンアニメDVD発売
  2. ガンホーフェスティバルでパズドラ×ビックリマン関連のシール配布(上のチラシがそれです)
  3. 7月18日ファンが推した「ビックリマン復刻セレクション」発売
  4. 8月5日川崎フロンターレ×ビックリマン 「多摩川オカシコ」会場限定シール配布(黒の3種)
  5. 8月17日川崎フロンターレ×ビックリマン ロッテオンライン限定シール販売(ブルーの3種)
  6. 9月3日千葉ロッテマリーンズ×アイドルマスター×ビックリマン(マリーンゼウス×天道輝シール)
  7. 40周年記念AmebaTVで、アニメを再放送
  8. 40周年「コロコロアニキ」で神シーンを募集→(後に「ビックリマン秘蔵外伝」で5名の投稿がシール化)
  9. 40周年復刻総選挙(リバイバル投票)→「ビックリマン秘蔵外伝」として発売
  10. 11月23日千葉ロッテマリーンズファン感謝デーで限定シール配布(40周年記念で事前にファン投票がありシール化、「謎の魚」など全5種+1種)

40周年と謳っていなくても40周年だから実現したような企画はリストに載せています。

「ビックリマン復刻セレクション」と、「ビックリマン秘蔵外伝」という2作が40周年記念ぽいシールシリーズです。

その他、2017年リリースされたシリーズとして「ブラックゼウス外伝」「肉りマン」「ビックリマン伝説10」「Fitzキャンペーン(ビックリマンの日)」「AKBックリマン」「ワンピースマン2」があります。

シールブームが2016年頃から落ち着いてきている印象ですが、翌年の2017年に派手に展開していた事が分かります。

まとめ

ビックリマンの「生誕」○周年記念と、中でもヒットした「悪魔VS天使シリーズ」の○周年記念の2つが同時進行で、記念の年にはロッテ関連会社とのコラボ企画が行われがちで、限定シールも生産されがちです。

次回は2024年の「悪魔VS天使シリーズ40周年記念」 再びブームは到来するのでしょうか? 2027年の50周年記念の方がアツそうです。 多くのビックリマンファンはアラフォーだと思うので、50歳前後で金銭的にも時間的にも余裕が出来て再び掘り起こされる方もいるかもしれません。