オールスター自作シールシリーズ

※この記事の画像は荒木町ナイト様よりブログ掲載の許可をいただいています。ありがとうございます!

荒木町ナイトシールとは

荒木町ナイトシールとは

荒木町ナイトシールは、四谷荒木町にあるBAR「荒木町ナイト」に来店すると無料でもらえる自作シールシリーズです。

第一弾にドク氏のイラストで電撃登場して以来、その後続々と自作シール界を代表する面々のここでしか手に入らないシールが誕生しています。

BAR「荒木町ナイト」は四谷三丁目駅徒歩5分

〒160-0006 東京都新宿区舟町4−20 三恵ルミエール四谷 B1F
丸の内線「四谷三丁目」より徒歩5分くらい。都営新宿線「曙橋」からでも近いです。

1回来店で1回限りのガチャ

行った事が無い方が一番気になるのは、配布方法だと思います。

  1. どんな感じで貰えるの?
  2. 1度の来店で2枚以上もらう方法はないの?
  3. 欲しい作家さんのシールを狙いたいんやが・・

気になるのはこのあたりでしょう。

荒木町ナイトガチャ

シールの配布方法は、

  1. ドリンク注文時にガチャのコインを1枚受け取り、
  2. お店の入り口にあるガチャを1回だけ無料で回す事が出来る。

というシンプルな仕組みです。

つまり原則どんなにお金を積んでもシールは1日1枚しかゲット出来ません。

5弾登場時からガチャが2台に増えて、「新しい弾が出やすい台」等それぞれ確率がアナウンスされるようになったので、現状は新作の狙い撃ちは出来るといった所でしょうか。 ガチャが2台に増えた事で今後、様々な仕様変更は考えられます。

例えば「●月▽日~3日間、ピンクのガチャ台は第2弾のシールが出やすいDAY」とすれば、「そのうち行こう」から「▽日に行こう」に意識が変わるので足を運びやすくなるとか、様々な作家さんが参加されているメリットがいろいろ活かせそうです。

ガチャは全弾のシール・オマージュJISAKU帝シールが混同か

ガチャは基本的には全弾のシール及び、過去のバーホッピングステッカーがごちゃ混ぜになっていましたが、現在は「荒木町ナイト」と「オマージュJISAKU帝シール」オンリーとなっていました。

新弾が出ると新弾のシールが出やすい仕様になる事が多いです。

ガチャを回した後は、シールの入ったカプセルをつまみにお酒を飲み、カウンターBARならではのマスターや他の来客との会話も楽しみつつ帰宅するという流れです。 お酒を追加で頼んだからといってまたガチャは出来ませんし、一度お会計してまた来店という屁理屈が通用する雰囲気でもありません。

AGAWAAGAWA

ちなみに第4弾目当てで来店した日は、吉田悟郎先生の荒木町Kナイトが出てくれました。何だかんだ排出の下の方にお目当てそうなシールを仕込んでくれていたりするのかなと思いましたが、私の前の方はバーホッピングステッカーだったので運次第でした。

シルコレの常連さんでも「あのシールが全然出ない」とコツコツ通っているというエピソードを聞いて、常連さんでも一見さんでも平等という点は初心者でも安心できるポイント。

救済用の交換システム

荒木町ナイトシール

ガチャのカプセルの中にはこの「荒」「木」「町」「ナ」「イ」「ト」シールがランダムで1枚入っています。(あと、「荒木町ナイト」「FUCK」の2種も)

  1. 「荒」「木」「町」「ナ」「イ」「ト」6つ揃えると、

第一弾 ドク氏作 3種

2021年2月16日~登場。 第一弾から超名作。 ドク氏を迎えて箔押しや闇落ち?パワーアップ?等、ツボをツキまくるシールが登場。 (第二弾から例外がありますが)基本的に「荒木町ナイト」というキャラクター名で展開していきます。

第2弾 キトライライヘイ氏作

キトライライヘイ氏

2021年3月8日~追加

第2弾より、「荒木町ナイト」というキャラと「荒木町ナイトメア」という2種のキャラクターが登場。

メッタリマンやホトケサマン等でおなじみのキトライライヘイ氏作品。

第2.2弾

2022年2月5日に登場。第2.2弾。 Wシールとなっています。 ガチャに投入されました。

1枚目がアルミで2枚目がプリズムという組み合わせは何気に珍しい。

2.2弾(拡張パック)

さらに、拡張パックという名のノーマルシールが2種追加。 こちらは「荒「木」「町」「ナ」「イ」「ト」文字のシールの交換専用となっています。ノーマルなのでどれでも3枚で交換が可能だ。

第3弾 UTA VILLAGE作 2種

UTA VILLAGE

2021年3月8日~追加(第2弾と同時投入)

第2弾と同時に投入されたのが、NITOLISAシールや妖星奇譚シリーズでおなじみのUTA VILLAGEさん作品。

第4弾 吉田悟郎氏作4種

2021年6月6日頃登場(緊急事態宣言でお店が休みとなり曖昧) なんと、吉田悟郎先生です。 1弾~3弾までは自作シール本の特典シールと面子が同じでしたがこの一手はデカい。

先生の作品は3種類で、「荒木町Kナイト」「荒木町ナイト」「荒木町ナイトメア」の3種。

Kナイトの裏書きのイラストが横顔でこれまた良かったです。

追加

2021年7月、新色1種登場。 「荒」「木」「町」「ナ」「イ」「ト」シールを6種集めて交換する(もしくは荒木町ナイトシール10枚)救済交換シール専用として登場。 6回以上足を運ばないと手に入らないイバラのシールなのだ。

第5弾 クエスタダイスケ氏作 2種

クエスタダイスケ氏作品

2021年7月1日より第5弾としてクエスタダイスケ氏の2種のシールが登場。

第6弾 モジャイドス氏作 2種

荒木町ナイト

2021年8月追加に該当するのがモジャイドス氏による荒木町ナイト&荒木町ナイトメア。

第6.2弾

2022年2月5日に登場。 こちらもガチャに投入されました。

第7弾 てち氏作 2種

緊急事態宣言が全面的に解除となり2021年10月末~第7弾が追加。

てちさん作の荒木町ナイト&荒木町ナイトメア。

第8弾 ガラクティカスペース作 3種

第8弾は、GARACTICA SPACEさん作品。 GARACTICA SPACEさんは古くから活動されているがシール横丁やさん家祭りなどのメジャーイベントには参加しない孤高な存在で、販売方法も昔は知りませんが、私が知った頃にはヤフオクでゲリラ的に少数のみ出品されるだけという謎の存在で、知名度と共にどんどん落札価格が上がってきているアート作品に近い概念の作家さまと認識しています。

そのGARACTICA SPACE作品が登場。 これはデカい。 ゴールドレインボー箔です。 さらに裏書きがめちゃくちゃイイんですけど一応自粛。

氏の作品だけはガチャによる無料配布ではなく、販売となっています。

  • 2021年12月25日のさん家電脳祭りにて少数販売
  • BOOTHにてゲリラ販売 >>荒木町ナイトBOOTH
  • 荒木町ナイトの店舗にてゲリラ販売(告知アリ)
  • 在宅のさめさんに直接出会う(リアルエンカウントと表現)と買える
  • ガラクティカスペースさんの作品を持つ昔からのファンは特別DM販売 NEW!

という具合に少しずつ販売されています。

AGAWAAGAWA

BOOTHでの販売は初回が土曜日で、その後Twitterで「週1くらいで発送できる数を販売する」といった事が書いてあったのと次に販売されたのが1月1日(土)でした。 そして次の1月8日(土)はさん家祭りのキャンセル販売が12時~行われるタイミングでもあったので、0時丁度か、さん家祭り12時~のタイミングに合わせるか・・?と狙いを定めていたので購入する事が出来ました。 その後も曜日は不定期になりましたが朝8時に販売しがち等、「情熱さえあれば買える」良いラインを突いているのではないかなと思います。

数は印刷業者の特徴から300セットか600セットである事が推測できます。 300だと現在の自作シールコレクターの需要からすると少ない数字ですが、元々ガラクティカスペース作品は自作要素が強く生産数が少なく、なかなか手に入れる事が難しいブツでした。 それに比べると業者印刷によるある程度のロット生産という荒木町ナイト企画によって、むしろ多くの人の手に渡る事になったといえるでしょう。

販売情報は、在宅の神さめさんのTwitterをこまめにチェックすると得ることが出来ます。 @kinyasamejimaxx

>GARACTICA SPACさんのブログ 

第9弾 #C氏作

そして第9弾はパラノーマル学園で紹介した#C氏作。 誰かレジェンドの別名義かと思っていましたがご本人来店というツィートがあり(本当に実在するんだ・・)と思いました。 こちらもガチャに追加。

オマージュJISAKU帝シール 全12種?

オマージュJISAKU帝シール

そしてさらに「オマージュJISAKU帝シール」なるものが登場しました。 

自作シール本と記念シール6種+お礼シール1種

言わずと知れた自作シール本発売の時に誕生した「JISAKU帝シール」のオマージュ作品。 オマージュといっても色々ありますが、「6種と言わず、もっと他の作家さんでも見てみたい」「他の作家さんだったらどんなのが出来るだろう?」といった所から来てるのかなと想像すると自作シール愛や熱を感じられる作品です。

  • 創史帝プロトン・・クエスタダイスケ氏
  • 剥裏帝ウラガミ・・てち氏
  • 溶融帝アルヴス・・スネーク+こと蛇和氏
  • 頒布帝エキシビゾン・・GO氏
  • 交易帝トレーディア・・GRAVITYGЯAPHICSことたけ氏
  • 編帝メルオーク・・EAST BUFFALO氏

どれも凄面子ですが、てちさんの剥裏帝ウラガミは初のオリジナルキャラという点は注目の一つです。 個人的に初見で「メルオーク」のタッチがカッコよくてイラストは誰なんだろう?となりました。

こちらも荒木町ナイトでのガチャでの排出になります。 時期によっては2つのガチャで上がナイト、下が自作帝という風に分かれている事もあります。

オマージュJISAKU帝シールのアナザーVer.

Uさんのコメント画像と荒木町ナイトさんの公式画像を組み合わせました。

上3種は早い段階でありましたが、下の左2種は2022年5月頃に登場。メルオークが2022年6月1日に登場してついに揃いました。

一人でも大丈夫?雰囲気は?

カウンター数席ほどと奥にテーブル席のあるバーで、むしろお1人様で行ってマスターや常連客と軽く会話を交わし、やがて自分も常連客になるような・・そんな空間です。 アウェー感はどのくらいあるのだろうか?居心地は悪くないだろうか?という不安で二の足を踏んでいる方もいるでしょう。

シルコレの集うバーでは無いので雰囲気はその時の来客次第で大きく変わると思いますが、なんにせよマスターがアウェー感は和らげてくれるので「この雰囲気ならちょくちょく一人で顔出せるな」と私は思い何度か足を運んでいます。

人との会話が苦手な方は「自分シール目当てですんで、すぐ帰りますよ、ハハ(笑)」と会釈してソフトドリンク一気飲みして帰宅するも良しです。 ちなみに料金はチャージ料+ドリンク代です。

荒木町ナイト営業中

営業時間 : 月曜〜土曜21時〜翌6時で営業中。

詳しくはこちら→ @arakichonight

オリジナルシール販売中

自作シールという世界を知り理想のシールを求めて制作して販売中です。 是非ご覧になって手に取ってみて下さい。