第一弾まとめ

トキメキ!妖怪鬼退治とは

トキメキ!妖怪鬼退治は2020年2月に発売開始されたAGAWAのシールシリーズです。

「トキメキ!妖怪鬼退治」ブログ 第一弾

2020年2月

2020年4月

にそれぞれ販売され、どれほど作れば良いのか?がおおよそ分かってきたので、第二弾が発売される2020年6月に再販されていつでも買えるように在庫が補充されました。

トキメキ!妖怪鬼退治第一弾 全12種

トキメキ!妖怪鬼退治第一弾ラインナップ

基本的には全6種です。

第一弾裏書き

裏書きがコチラ。

ver.違い6種

ver.違い

ver.違いが存在します。 方向性がブレていて、「よく見たら違う・わざわざ追いかける程でも無いくらいの違い」と「コストの高い箔押し」が混在しているので厄介です。

箔押しの2枚は目に見える違い、百目は「開眼」独眼は「牙」近衛は額が「翠」という違いがあります。

裏書き

裏書き

そして、コチラがver.違いの裏書きですが、シークレットのTOKIMEKIは制作当初は表で違いを出せなかったので裏書の色で何とか違いを。

面付け(A4サイズに12枚分)で大きなグラデーションにしたため、シールによって色が違うのがタイダイTシャツのように「同じものが他にない」という意味で良いと思いましたが、これも混乱要素になりましたが、

初版のTOKIMEKIは、ノーマルは「黄色」、ver.違いは「その他。何かしらの色がついてるやつ」の2パターンのみです。

TOKIMEKIノーマルの黄色に関して・・同じ黄色でも白っぽい黄色?と濃い黄色があるという報告がありました。これは私にも分からず、駒沢246という印刷店で手動で印刷したので単なる色ムラかもしれません。

以上が、フルコンプ全12種です。

大デストロイ嶽丸の裏書き訂正

初版2回目くらいから「大デストロイ嶽丸」の裏書のルビにミスがあったので修正があります。

大デストロイ嶽丸の修正

2行目頭の、「計算通り!」に「つた」というルビが残ってしまっているのを削除しました。初期は「つた」アリ、その後「つた」無しになります。 無しの方が流出量は多いです。

再販からのマイナーチェンジ

初版を2020年2月と4月の販売分として、以降都合により再販分として少し変更点がありました。

箔押し姫子

スーパー姫子のver.違いの印刷業者が変わりました。 初版のものは、独特の厚みのある自作シール感や発色が気に入っていたのですが元々小ロットでの制作受付だった事もあり断念。

再販分は箔押し部分が”押した感じ”の凹凸があってこれはこれで良きです。印刷って何でも一長一短だから面白い。 ※入稿データは全く同じです。

TOKIMEKIの裏書き

ついでに、TOKIMEKIの裏台紙が色の区別がつきづらかったので、「白」or「グラデ」という分かりやすい区別を。 (正直に言うと誤って白黒で印刷してしまい「ヤバい!間違えて大量に刷ってしまった」というのが真実ですが、むしろ違いが明確で良く、初版をお持ちの方はちょっぴり嬉しいと思い採用しました)

第二弾裏書き

ついでにこちらは第二弾の方の裏書きですが、例えば左上の妖怪上下の裏書きの違いに注目です。 裏書きに漢字一文字でどう違うのかが表されています。

第一弾裏書き

2弾と同時に製作したものからver.違いには裏書きに漢字が当ててあり、今回の再販あたり(無しのも混ざっている)から印刷されています。

MYファイリングと感想

トキメキ!妖怪鬼退治第一弾ファイリング

私のファイリングはこのように並べています。

イージーモードだと、第一弾を上6枚、第二弾を下6枚。ハードモードだとこのようになります。

(さらに超ハードモードだと、大デストロイ嶽丸の「つた」アリ無し1種、再販で変化した5種(正確にはレインボーの柄も少し違うので6種)の7種を次のページにファイリングする事になりますが、今の所そこまでする方は見かけていません。)

こう並べるとまずTOKIMEKIの違いが無く、裏の色違いだけというのが残念なのと妖怪たちのマイナーチェンジもマイナー過ぎるだろとは思いますが、これはこれで作品として気に入ってはいます。

らべんだーはうすさんのバインダーと同じ規格の12枚入りのリフィルと無印良品のバインダーの組み合わせのものに収まる事を意識して1弾あたり12枚です。 これは今後の弾も全て統一します。